ホーム 概 要 使い方 サポート アバウト 日本語 English
noteCafeStyloicon128x128

noteCafe Stylo
   for Mac OS X

 noteCafe Styloはリッチテキスト(RTFD)で編集可能なテキストエディタです。フォント、フォントカラー、フォントスタイル、フォントサイズを簡単に変更することができます。見出しも簡単に設定できます。また画像やファイルを添付することができます。プレビューで確認しながら画像のサイズを変更することができます。
 noteCafe Styloはリッチテキスト(RTFD)で保存されます。iCloud Driveをサポートしています。noteCafe Styloはサンドボックスに保存することもできます。
 アプリケーション「noteCafe」をお使いの場合は、noteCafeに保存することができます。noteCafeはカテゴリとタグでページを管理できるアプリケーションです。ページ一覧や豊富な検索機能を使って目的のページを素早く見つけることができます。

image11jp

編集

toTopjp1a1a

・フォント
 
新規ページのフォントが設定できます。
 選択した文字のフォント、フォントサイズ、フォントカラー、フォントスタイルが変更できます。
 キャレットが設定されている行を見出しにできます。
・イメージ
 イメージが添付できます。
・リストと表
 リストと表が使えます。

イメージキャンバス

toTopjp1a1a1

ページに空のイメージキャンバスを挿入できます。マークアップ機能を使うことができます。

image12jp

ほかのファイルを参照

toTopjp1a1a1a

任意のファイルが参照できます。最大5つのファイルを登録することができ、簡単に切り替えできます。
参照ページは選択とコピー機能が使えます。

image13jp

保存

toTopjp1a1a1a1

ページをリッチテキスト(RTFD)で保存することができます。
標準の保存パネルが使えます。iCloud Driveをサポートしています。
noteCafe Styloのサンドボックスに保存することができます。

また、アプリケーション「noteCafe」を使用している場合は、noteCafeに保存することができます。
保存時にnoteCafeのカテゴリ、タグ、キーワードを選ぶことができます。

image14jp

共有拡張

toTopjp1a1a1a1a

 共有拡張を使って、ほかのアプリケーションからnoteCafe Styloに情報を簡単に送ることができます。
 Webページ、テキストドキュメント、リッチフォーマットドキュメント、画像、動画のほか、Keynote、Numbers、PagesアプリケーションのファイルやPDFデータをサポートしています。

image15jp
toTopjp1a1a1a1a1

主な仕様

  • macOS 64-bit プロセッサ
  • サンドボックス対応
  • iCloud Drive対応

主な機能
読み込み可能なファイル

  • ファイル:      rtfd, rtf, txt, pdf, html
  • 画像:        jpg, png, tiff, gif
  • 動画とサウンド:   mov, m4v, mp4, m4a
  • 添付可能なファイル: keynote, pages, numbers
     
  • 標準のオープンパネルが使用できます。iCloud Driveをサポートしています。
  • noteCafe Styloはサンドボックスから読み込むことができます。(RTFDファイルのみ)
  • 共有拡張で共有されたファイルを読み込むことができます。(RTFDファイルのみ)

フォント編集

  • フォント、フォントカラー、フォントスタイル、フォントサイズを編集することができます。
  • 見出しを設定することができます。

イメージ編集

  • イメージサイズを変更することができます。
  • マークアップ機能を利用できます。
  • イメージキャンバスをページに挿入することができます。マークアップ機能を利用できます。

リストと表

  • リストを挿入することができます。
  • 表を挿入することができます。

検索

  • ページを検索(検索して置換)することができます。

ほかのファイルを参照

  • 任意のファイルを参照することができます。

保存

  • リッチテキスト(RTFD)で保存することができます。
  • 標準の保存パネルが使用できます。iCloud Driveをサポートしています。
  • noteCafe Styloのサンドボックスに保存することができます。
  • アプリケーション「noteCafe」に保存することができます。(noteCafe バージョン2.4.0以降が必要)

共有拡張

  • noteCafe Styloの共有拡張が利用できます。
    ほかのアプリケーションからnoteCafe Styloに情報を簡単に送ることができます。
  • noteCafe Styloの共有拡張はアプリケーション「noteCafe」と共通です。
    noteCafe StyloとnoteCafeのどちらからでもアクセスすることができます。

バージョン情報

バージョン

リリース日

互換性

内容

1.4.1

2018年7月20日

OS X 10.11 以降

1.フォントやフォントカラーを変更しても保存できないことがある問題を修正しました。
2.マイナーなバグを修正しました。

1.4.0

2018年5月12日

OS X 10.11 以降

1.共有されたファイルが削除できます。
2.参照ウインドウに共有ファイルを表示することができます。
3.多くのフォントを含む大きなテキストを選択した時の不具合を修正しました。

1.3.0

2018年5月2日

OS X 10.11 以降

1.対応するOSのバージョンは、macOS 10.11以降になりました。
2.ほかのファイルを参照できます。
  参照ページは最大5ページまで登録でき、簡単に切り替えることができます。
3.フォントサイズが表示されるようになりました。
  フォントサイズの増減量が1ポイントに設定できます。
4.テキスト内のリンクは、Shiftキー+クリックで実行されるように変更されました。

1.2.1

2017年12月1日

OS X 10.10 以降

1.保存時の操作性を向上しました。
  編集中の保存操作がファイルを上書きするようになりました。
  「別名で保存」がファイルメニューに追加されました。保存パネルが利用できます。
  注)アプリケーション「noteCafe」への保存はファイルの上書き機能をサポートしていません。

1.2.0

2017年11月10日

OS X 10.10 以降

1.初期起動時の操作性を改善しました。
  アプリケーション「noteCafe」がインストールされている場合は、iCloudを使用するか否かを指定できます。

2.アプリケーション「noteCafe」を使用時、iCloudを使用するかどうかを選択することができます。

1.1.0

2017年10月9日

OS X 10.10 以降

1.イメージキャンバスがボーダーラインの有無を選択できるようになりました。
2.High Sierraに対応。
3.画像を貼り付ける際に不要なダイアログが表示されることがある不具合を修正しました。
4.マイナーなバグを修正しました。

1.0.3

2017年9月22日

OS X 10.10 以降

1.iCloud DriveおよびnoteCafe Styloへ保存するファイル名の文字数が32文字に制限されるようになりました。
2.保存したファイルから「noteCafe Stylo」が起動できるようになりました。

1.0.2

2017年9月15日

OS X 10.10 以降

1.「noteCafe」を使っている場合も、読み込んだファイルのファイル名がタイトルフィールドに入るようにしました。
2.シェアファイルリストのタイトルが正常に表示されないことがある不具合を修正しました。
3.その他マイナーバグの修正。

1.0.1

2017年6月3日

OS X 10.10 以降

1.保存先として "noteCafe Stylo"が選択されていると保存できないことがある不具合を修正しました。
2.iCloudを使用していないときに文章を保存できないバグを修正しました。

1.0.0

2017年4月5日

OS X 10.10 以降

リリース

Copyright © 2018 in-bluesky. All rights reserved.